産業廃棄物情報


産業廃棄物減量化・適正処理実践方針

平成15年度より排出及び収集運搬において長野県と産業廃棄物減量化・適正処理実践協定を締結しています。産業廃棄物の排出抑制を前提に、再利用・再生利用及び適正処理を全社員で推進します。

種類別産業廃棄物搬出量

事業排出量(t)
産業廃棄物の種類H30年度H29年度H28年度
汚泥16.37012.30012.300
廃油0.0000.0000.000
廃プラスチック類3.2551.6800.000
金属くず0.0000.3390.000
紙くず0.0000.2100.000
木くず50.56017.72545.900
がれき類(コンクリート・アスファルト)295.796162.944476.500
混合1.30057.5000.000
合計367.281252.698534.700

産業廃棄物リサイクル量推移

H30年度H29年度H28年度
排出量推移353.90244.40528.40
リサイクル量推移351.47195.20522.40

※受注工事の内容により排出量及び実績値に増減が出ています。

更新日:令和元年(2019年)7月

産業廃棄物収集運搬業許可

長野県知事 許可番号 2008006481
許可の有効期限平成35年7月26日(2023年7月26日)
産業廃棄物の種類汚泥、廃油、廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず(以上いずれも、特別管理産業廃棄物であるものを除く。)
木くず、紙くず、がれき類(以上いずれも、特定有害産業廃棄物であるものを除く。)(廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず、は自動車等破砕物を除く。)

ながのエコ・サークル

ながのエコ・サークルとは…
長野市は、ごみの減量化やリサイクルの活動に積極的な取り組みをしている事業所を『ながのエコ・サークル』と認定しています。この制度は事業所と長野市が一体となって地球環境の保全とリサイクル社会の実現に貢献することを目的としています。

当社は、平成18年3月にシルバーランクの認定を受けています。